離婚・養育費・離婚協議書・協議離婚・相談・強制執行・包括的清算条項・慰謝料・財産分与・親権・年金分割・書き方・ひな形・サンプル・書式・公正証書・価格・料金・相場・面接交渉権・監護権
神奈川県・平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・厚木市・小田原市・大磯町・二宮町・藤沢市・秦野市・横浜市・川崎市・座間市・相模原市・鎌倉市・横須賀市・大和市・綾瀬市・海老名市・逗子市・東京都・埼玉県

別居する時の生活費(婚姻費用)の夫婦間契約について

 「別居することになったけど、夫が毎月生活費を振り込んでくれるか不安」
 「持ち家から出ていくけど、家の維持費などをどちらが負担するかを明確にしておきたい」

 そんな方は、婚姻費用(別居時の生活費)などに関する契約書を夫婦間で交わしましょう。

 約束を公正証書にしておけば、もしも相手が生活費を渡してくれない場合に、お給料などに対して強制執行ができます。

どんなことを決めておけるの?

 例えば、以下のような約束事を決めておけます。

・別居を開始してから、別居が解消されるまで(あるいは離婚するまで)の毎月の生活費の金額
・持ち家に住んでいる場合、どちらが家を出て、どちらが済み続けるのか
 また、別居中の固定資産税や火災保険料などの負担をどちらがするか等
・別居に至った原因について
・別居する期間(いつまで別居するのか等)
・別居中に、子供との面会交流をどうするか
・その他、別居中に離婚することに至った場合にどうするか等

 以上のような約束を公正証書にすることで、もしも相手が生活費を払わないことがあれば、相手のお給料などを強制執行することにより、生活費を確保することができます。

お申し込みやご相談はこちらから

 「別居時の婚姻費用に関する契約書(公正証書)」についてのお申し込みやご相談は、以下の送信フォームからお願いします。

※重要なお願い
 アドレスが「@yahoo.co.jp」や、「@hotmail.com」などのフリーメールをお使いの方は、 こちらから送信する回答のメールが、迷惑メール扱いされてしまい、回答が届いていることに気づかれないことがあります。 回答は必ずしていますので、もし3日経過してもメールが届かない、という方は、別のメールアドレスでお申し込みいただくか、 直接こちらからメールをいただきますよう、お願いいたします。
 また、携帯電話のメールアドレスでご相談やお申し込みをされる場合は、必ず
「y-gyosei.com」をドメイン指定受信に設定してください
。これをしていただかないと弊事務所からのメールがお客様の携帯電話へ届かないことがあります。


離婚養育費相談所 by 山本行政書士事務所
神奈川県平塚市河内153-5
TEL:0463-80-8473
FAX:050-3488-6334
メール:gyosei@y-gyosei.com