離婚・養育費・離婚協議書・協議離婚・相談・強制執行・包括的清算条項・慰謝料・財産分与・親権・年金分割・書き方・ひな形・サンプル・書式・公正証書・価格・料金・相場・面接交渉権・監護権
神奈川県・平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・厚木市・小田原市・大磯町・二宮町・藤沢市・秦野市・横浜市・川崎市・座間市・相模原市・鎌倉市・横須賀市・大和市・綾瀬市・海老名市・逗子市・東京都・埼玉県

養育費はどうやって決める?相場は?

 「養育費」とは、未成年の子供がいる場合に、通常その子が成人に達するまでに必要となる全ての費用(教育費・食費・医療費・服飾費・娯楽費等)のことをいいます。

 夫婦が離婚をして、親権を得なかった方の親も、子供との親子関係がなくなってしまうわけではないので、その子が成人になり自立した社会人になるまでは、扶養する義務は継続します。

 親は、未成熟の子を養育し、自分と同程度の生活を保障する義務を負っているのです。離婚した夫婦のどちらに親権があるかに関係なく、双方が経済力に応じて負担します。

 養育費の金額や、毎月の支払方法などは、夫婦の話し合いで決めます。
 話し合いで決められない場合は、家庭裁判所の調停へと進みます。

 養育費の金額は、子供の人数、年齢、親の収入など、いくつかの要素によって決定されますので、各家庭によってばらつきがあります。
 支払い終わりを「20歳まで」にするのか、「大学を卒業するまで」とするのか等も、夫婦の話し合いにより決めます。
 一般的に、子供1人の場合に、毎月支払い養育費の金額は2万円〜4万円が最も多く、次いで4万円〜6万円となっています。

 養育費をいくらにするか、支払方法をどうするか、子供が成人になるまで払うのか、大学を卒業するまで払うのか等を、公正証書(離婚協議書)に書いておきましょう。

離婚養育費相談所 by 山本行政書士事務所
神奈川県平塚市河内153-5
TEL:0463-80-8473
FAX:050-3488-6334
メール:gyosei@y-gyosei.com