離婚・養育費・離婚協議書・協議離婚・相談・強制執行・包括的清算条項・慰謝料・財産分与・親権・年金分割・書き方・ひな形・サンプル・書式・公正証書・価格・料金・相場・面接交渉権・監護権
神奈川県・平塚市・茅ヶ崎市・伊勢原市・厚木市・小田原市・大磯町・二宮町・藤沢市・秦野市・横浜市・川崎市・座間市・相模原市・鎌倉市・横須賀市・大和市・綾瀬市・海老名市・逗子市・東京都・埼玉県

婚姻を継続していく上での夫婦間契約について

配偶者に浮気をされたことがある
配偶者から暴力を受けたことがある
今すぐ離婚はしないが、将来離婚する場合の約束を今しておきたい
今後また浮気や暴力があった際には離婚するが、その際の養育費や慰謝料の金額を今決めておきたい


 そんな方は、今から夫婦間で離婚時の約束事を決め、契約書や公正証書にしておくことをお勧めいたします。

どんなことを決めておけるの?

 「もしも将来、離婚することになった場合には、以下のような条件で離婚しよう」という約束を決めることができます。

 例えば、以下のような約束事です。

・どんなことが起きたら(浮気や暴力等)、離婚することにするのか
・子供の親権者を夫婦のどちらにするのか
(例えば、今は子供が1人しかいない場合で、将来2人目、3人目の子供ができた場合についても決めておけます)
・養育費をいくらに決めて離婚するか
(支払い終わりを20歳までとするか、大学卒業までとするか等も決めておけます)
・慰謝料をいくらに決めて離婚するか
・財産分与をどうするか
(預貯金のほか、自動車や不動産の名義をどちらにするのかについても決めておけます)
・子供との面会交流をどのような条件で離婚するか
・その他、家財道具や引っ越し費用、年金分割などについて、離婚時にどうするかをある程度決めておけます

 夫婦間でこのような契約を交わすことで、配偶者の再度の浮気や暴力を防ぐ効果(心理的プレッシャー)を与えることができます。

お申し込みやご相談はこちらから

 「婚姻継続に関する契約書」についてのお申し込みやご相談は、以下の送信フォームからお願いします。

※重要なお願い
 アドレスが「@yahoo.co.jp」や、「@hotmail.com」などのフリーメールをお使いの方は、 こちらから送信する回答のメールが、迷惑メール扱いされてしまい、回答が届いていることに気づかれないことがあります。 回答は必ずしていますので、もし3日経過してもメールが届かない、という方は、別のメールアドレスでお申し込みいただくか、 直接こちらからメールをいただきますよう、お願いいたします。
 また、携帯電話のメールアドレスでご相談やお申し込みをされる場合は、必ず
「y-gyosei.com」をドメイン指定受信に設定してください
。これをしていただかないと弊事務所からのメールがお客様の携帯電話へ届かないことがあります。


離婚養育費相談所 by 山本行政書士事務所
神奈川県平塚市河内153-5
TEL:0463-80-8473
FAX:050-3488-6334
メール:gyosei@y-gyosei.com